エンジンガードプロテクター

立ちゴケを経験してるので自作のプロテクターをエンジンガードに取り付けました。
やっつけ仕事ですが、これでバイクに傷がつく不安はかなり減りました。
エンジンガードにバッグでもぶら下げればクッション代わりになりそうなんですが。

_DSC9652_00001.jpg

路面と接触するのは、いつもエンジンガードの側面とパニアの角です。
パニアの角にはゴム製のプロテクターが付いているので、
エンジンガードにもプロテクターを付ければ傷を防げるのではないかと。

w282207361.jpg
ちなみにBMWのアドベンチャーバイクは、このようなプロテクターが付けられます。

エンジンガードは本来ぶつけて使うものですが、出来れば傷つけたくないのが本音。
そこでBMWのそれを手本にして似たようなプロテクターを自作してみる事にしました。



20181231064053e13.jpeg
あまり手間かけずウレタン製のチューブで似たような物を作ってみる事に。
ホムセンには他にもラバーブロックなど利用出来そうな材料が色々あります。

_DSC9634_00001.jpg
これに切れ込みを入れてエンジンガードに巻きつけ結束バンドで固定しました。
近くで見ると粗が目立ちますが、即席の割にはうまく仕上がりました。

_DSC9640_00001.jpg
ゴムやプラ製に比べると柔いですが、立ちゴケの擦り傷程度なら防げると思います。
色も揃えたのでそれほど目立たずに済むのではないかと…。


こんなものでも躊躇なくダートに入っていけるようになり個人的には満足してます。
特に舗装路でバイク転かすと派手に傷が入りますから、その心配がないのはいい。
もっと簡単に済ませたい人はテープを巻いておくだけでも効果あると思います。
何もせずエンジンガードに傷がつくのを待ってるよりマシかと思います。
関連記事
バイク用品