タープの代用品

天気悪かったり忙しかったりで、こんな記事ばかりでスミマセン。
梅雨が開けたら出掛けたいけど新コロの件もあるのでどうなる事やら…。


いつでも行けるようキャンツーの準備はしてあるのですが、
木陰のないキャンプ場に炎天下居続けるのは大変苦痛なので
暑さ対策のためにタープの購入を考えました。

下の製品はポール込みで2000円ですが重さは2kgにもなります。
これではテントもう一つ持っていくのとあまり変わらない感じ。
惜しいけど、これ以上バイクに負担を掛けたくないので諦めました。





そこで思いついたのが以前購入したレジャー用の日傘です。
これに支柱をつければビーチパラソルみたいになるんじゃないかと。
タープより設営が楽だし荷物にならないので試してみる事にしました。

Capture_20190106-012005.jpg
お手本は紅の豚のこの人です。なにげにアウトドアの達人ですよ、この人は。(^^;

IMG_8845.jpg
ポールはホムセンにて150円で売られてた電気柵の支柱です。クッソ安…。

IMG_8847.jpg
ポールは90cm、傘は70cmくらいでしょうか。繋げると結構な長さになります。

IMG_8851.jpg
傘の手元にクリップが付いてるのでポール状の物ならなんでも挟めます。


こうして使うつもりでしたが、外れて倒れたらバイクに傷がつくのでやめました。

IMG_8864.jpg
設営は地面にポールを刺して傘をクリップで固定するだけ。1分掛かりません。

IMG_8854.jpg
立つと頭がぶつかりますが、椅子なら十分過ぎるほどの高さがあります。

P7230480.jpg
バイクにはこんな感じで載せてます。車幅より僅かに飛び出てます(汗)。


なんともチープな日除けですが一人で涼むならこれで十分です。
ポールは頑丈で多少の風では折れたり曲がったりしないと思います。
風の強い海岸では難しいけどキャンプ場なら十分使えそうです。

それにしてもツーリングでよく見掛ける電気柵の支柱を使うとは…。
何が役に立つか分からないのでホムセンチェックは欠かせませんね。
ポール代150円で済んだので余計な買い物せずに済みました。
関連記事
アウトドア