突き出し量再調整

フロントフォークの突き出し量を10mmから5mmに再調整しました。
先日うぐいすラインを走った際、ちょっと不安を覚えたもので。

旋回性能が良くなったものの直線道路でスピードを出したり、
高速で下りカーブに進入するとフロントから滑りそうな感じが…。
どうも10mmでは突き出し量が多すぎな気がします。

IMG_8621.jpg

作業は簡単でしたがセンタースタンドが外れそうになり倒れるかと…。
やっぱり作業用のスタンドが欲しいです。ホント焦りました。


ところで旋回性と直進性はトレードオフの関係なんでしょうか?
いや、考えてみれば当然か…。

旋回性を上げると直進性が落ちる。
直進性を上げると旋回性が落ちる…。

自分はロンツーがメインなので、旋回性を犠牲にしてでも
直進安定性を優先した方が幸せになれそうな気がします。
テキトーな運転でも、それなりに走ってくれる方が長距離は楽なので。


突き出し量を5mmに変更後、近くの印旛沼公園まで走ってみました。
ちなみに痴漢やオバケが出ると噂のトイレは改修工事が始まってました。

IMG_8641.jpg

バイクは再びフロントが上がった状態に。走りは直線番長に逆戻り。
取り回しや旋回がしにくくなりバイクの性格がガラリと変わりました。
でもシートは水平です。ここが問題なけりゃ構わないんですけどね。


雨に降られましたが、こんな時も5mmの方が安定感が違います。
滑りやすい路面ではクイックなハンドリングだと走るのが怖いかも。

IMG_8644.jpg

なんだかサスセッティングの沼にハマりつつある気がしますが…。

もしスポーツバイクのような特性を求めるなら突き出し量は10mmに、
ツアラーやクルーザーのような快適性を求めるなら5mmでしょうか。
一応ツアラーであるVersysの素性を考えると5mmの方が妥当かも。


ここまで来ると5mmと10mmの真ん中を試してみたくなりますが、
荷物や燃料の積載具合でもバランスが変わったりするので、
何度か走ってみてから再調整するか決めたいと思います。
関連記事
メンテナンス散歩